体質チェックとお悩みに合わせた施術のご提案

体質チェックとお悩みに合わせた施術のご提案

子宮が冷えると月経トラブルや不妊症に繋がると言われています。
また、冷え症は自律神経の乱れを引きおこしたり、精神面にも影響があるそうです。
そんなお悩みを持つ方に、体感していただきたいのが当サロンのよもぎ蒸しです。

よもぎ蒸しをすることで、妊活中の方は身体を綺麗にして赤ちゃんを迎える準備ができ、美容と健康維持をお考えの方は冷え性を解消し毎日リラックスして生活できるようになります。
griveでは、はじめにお客様の体質チェックをさせていただき、そこからお客様の悩みやご要望に合わせて施術を行っていきます。
また、不妊のことなど、話しにくい内容も話しやすくなるような環境づくりに努めておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

身体が冷えていると妊娠しにくいと言われるのはなぜ?

冷えは万病の元と言われるように、私たちにとって冷えは大敵です。
冷えには「冷え性」と「低体温」があり、どちらも似ていますが、微妙に違います。
まず、「冷え性」は血流が悪くなり、手足に血が巡りにくくなることから起きます。偏食や運動不足になると身体の免疫力も下がり、弱った時には心臓や内臓など命に関わる部分へ優先的に血液がめぐるからです。
この「冷え性」は手足だけでなく、子宮も後回しの対象になります。子宮まで冷たくなってしまうと、身体全体が冷えるため「低体温」に陥ります。

そのため、子宮の冷えは不妊やお母さんの健康障害にも繋がってしまう恐れがあります。
子宮の冷えが妊娠しにくい理由としては3つあります。

  • 子宮が冷えると卵子育ちが悪くなる。
  • 子宮が冷えると着床しにくい。
  • 子宮が冷えると女性ホルモンの分泌の低下につながる。

以上のことを解消するのであれば、子宮や身体全体を温めることです。
温活をすることで、冷え性が改善され、赤ちゃんやお母さんが喜ぶポカポカの子宮に育ちます。

妊活・温活に適したよもぎ蒸しのススメ

妊活・温活に適したよもぎ蒸しのススメ。

身体の血流をよくする方法として、運動やお風呂、マッサージなど色々ありますが、専門家が最近推奨しているのは「よもぎ蒸し」です。
よもぎ蒸しは子宮の出口から温めてハーブの蒸気を膣の粘膜に当てていくので温活や妊活に適しています。
また、子宮が柔らかくなるので出産もスムーズにいきやすいそうです。

よもぎ蒸しのメリット

産後の肥立ち

よもぎ蒸しを600年前から取り入れている韓国では「よもぎ蒸しを産後にすることで産後の肥立ちが良い」と言われています。
温めることで子宮が元の状態に戻りやすく状態も良くなるので産後にもおすすめです。

安胎作用

よもぎの効能の一つに「安胎作用」があります。
血行がスムーズになることでお腹の中の赤ちゃんもリラックスすることができます。

粘膜から直接吸収

よもぎ蒸しは蒸気で直接温めることで皮膚から吸収し膣粘膜にアプローチ。
婦人科疾患、妊活、産後によいとされています。

子宮内の老廃物の排泄

子宮やその周辺を温めることで、今まで滞っていた血流がスムーズに巡り、老廃物や毒素が発汗によって排出しやすくなります。
不純物がなくなることで、生理痛の緩和や、周期の安定など健康な子宮に導かれます。

リラックス効果

よもぎにはシオネールという成分が含まれており、脳をリラックスさせストレス緩和につながる効果があります。
香りから心身ともに安定し、妊娠力アップに繋げることができます。

griveでは、よもぎ蒸しで皆様の心と身体を癒しながらサポートしていきます。
冷えや妊活、女性特有の疾患でお悩みがあれば是非ご相談ください。